pickup
AIツールで作った記事はGoogleは上位表示させてくれない?

山田です。

TITANの特典ですが、予定よりも早く出来たので配布開始しております。

TITANのツールでいろいろ検証しながら特典づくりをしていましたが、かなり面白いです!

ネットビジネスをやる人には必須アイテムなので、買っておいても損はしません^^

試行錯誤してオリジナルプロンプトを作りましたので、これでさらに思考ゼロでいけますし、収益アップにつながっていくと思います。

特典の数は当初の11つから17にまで増やしていますので、チェックしてみてくださいね!

TITANの詳しいレビューと特典はこちら

今日は「AI作文判定くん」というツールを見つけたので、その性能の信憑性に迫っていきたいと思います。

AI作文判定くんとは

AI判定ツール

https://ai.satoru.net/checker/

AI作文判定君というのは、指定する文章がAI寄りなのか、人間よりなのかをプロフラムで判定するツールです。

面白そうなのでやってみました。

まず、このAI作文判定君にラビットファイナルで作った記事を入れて判定してみました。

記事全ては入らないので一部だけです。

AI作文判定君による結果1AIらしさ80%:人間らしさ20%

自分で記事を読んでみると、AIぽさはChatGPTほどでは無いのですが、まぁコンピューターからみればこういうものなのかなぁと思いました(;^_^A

 

次は、一切AIツールを使っていない完全オリジナル記事(TITANレビューの記事)でチェックしてみました。

↓↓↓

 

AI作文判定君による結果同じく、AIらしさ80%:人間らしさ20% ということでした(笑)

結局、AI判定ツールは意味がなく、あてにならないということですね(; ̄ー ̄A

ただ、どちらのコメントにも感情表現をもっと入れるようにというようなことを書かれているので、参考にして今後は意識してとり入れていこうと思いました。

AIで作った記事はグーグルに評価されないのか?

グーグル EAT 

AIで作った記事はグーグルに評価されずに、上位表示できないのだろうか、と気になる方もいらっしゃるでしょう。

実は、AIオンリーで作った記事も見事に上位表示されるのです!

AIの記事の上位表示について調べていた時に、AIだけで作った記事がいくつも上位表示しているサイトを見つけました。

そのサイト運営者の話では、以前は外注を使って記事作成を行っていたようですが、今はChatGPTのみで記事を作っているとのこと。

ChatGPTで生成されたコンテンツであっても、検索エンジンがオリジナル性があると判断すれば、価値があるとみなされます。

Googleのガイドラインにもこう書かれています。

すでに説明したとおり、コンテンツの作成方法を問わず、Google 検索で成功を収めるには、E-E-A-T の品質を満たす、オリジナルで高品質な、ユーザー第一のコンテンツの制作を意識する必要があります。

E-E-A-T のコンセプトについては、有用で信頼性の高い、ユーザーを第一に考えたコンテンツの作成ヘルプページで確認できます。さらに、このページを更新して、「誰が、どのように、なぜ」という観点からコンテンツ制作の方針を考えるためのガイダンスを追加しました。

AI 生成コンテンツを使用しているかどうかにかかわらず、このような方法でコンテンツを評価することにより、Google 検索システムの評価基準に沿ったコンテンツの作成が可能になります。

引用元:https://developers.google.com/search/blog/2023/02/google-search-and-ai-content?hl=ja

つまり、手法はどうでもよく記事が高品質であればいいというグーグルの考えです。

これは、考えてみればごく当たり前のことですんね。

例えば、あなたがスイーツ店にケーキを買いに行ったとします。

買って食べた後に「美味しい!」「味は普通だな」「あまりおいしくない」といずれかの感想を持つことでしょう。

ですが、このケーキは人が作っているのか、それとも機械が作っているのかということを気にせずに、ただ美味しかったかどうかだけが気になるのではないでしょうか。

大概の人がそうだと思います。

「ケーキが美味しければ大満足!」というのがお客さんの気持ちです。

それと記事も同じで、検索ユーザーの満足度を満たせる記事であれば、手法はどうでもよく、上位表示が可能だということです。

山田京子
山田京子
AIで記事生成することについて心配する必要はありません。大丈夫ですよ^^

ChatGPTのようなAIツールを使うにあたって注意すべきことがある

AI文章作成ツール

ChatGPTのようなAIツールを使っても記事が高品質であれば上位表示が可能だということがわかりましたね。

ですが、後にライバルが同じ内容でAIを使ってコンテンツ生成して類似コンテンツができた場合、競合とされて順位が下がる可能性があるのでそこは注意が必要です。

AIで記事生成をすると、あまりにも出来映えがよく見えるので、そのまま投稿する人が多いのですがそれが危険です!

やっぱり、そこからファクトチェックしたり、感情や自分の意見を付け加えたりすることでそのようなデメリットを回避できます。

ChatGPTがなかった時代に比べると、コンテンツ生成された後の編集や追加作業というのは実に楽すぎると思いませんか。

1記事書くのに3,4時間かかっていた人、さらに半日かかっていた人でさえも、30分~1時間もあれば5000文字ほどの立派な記事が作れるのですから。

少しでも自分の意見やリアルな口コミを入れることで記事のオリジナル性が強くなって、ライバルに類似記事を書かれても落ちることがないので積極的にやっていきましょう!

Googleの検索順位は良質な記事コンテンツだけでは決まらない

上位表示 グーグル

Googleの検索順位は良質な記事コンテンツだけで決まらないことはご存知ですか?

Googleの検索順位で上位表示されるかどうかは、オリジナル性、適切なSEOの実施、ユーザーエンゲージメントなどの要因によっても決まります

ですので、良質な記事なのになんでいつまでも上位表示できないのか?って不思議に思うときは、こちらをチェックしてみてください。

  • 内部リンクは張り巡らされているか
  • そもそもインデックスはされているのか
  • 適切にSEO対策されているか(キーワード、ディスクリプションなどきちんと入っているか)

記事数が少なくても高品質な記事であり、ライバルが少ないキーワードであり、需要があるキーワードであればアクセスを呼び込めますし、収益を発生させることができます。

ですから、必死になって大量の記事を書かなくていいですよ^^

ただ、ChatGPTのようなAIツールで高品質な記事が生成できるので、キーワードリサーチしてたくさん記事生成していけば、さらにアクセスも収益もアップさせることが可能です。

AIの普及で今までブログで稼げなかった人にも大チャンス到来!

副業で稼ぐ チャンス

Googleも認めているAIでの記事生成。

今まで記事を書くのが苦手であきらめていた人
本業が忙しくて記事作成に時間を費やすことができなかった人
他の副業と掛け持ちしているからコンテンツを作るまで手が回らなかった人

こういう人たちもこれから希望をもって、ガンガン取り組んでいけますよ♪

YouTubeの規制が甘かったころは簡単にYouTubeで稼ぐことができていましたが、今はChatGPTの登場でまさに稼ぎ時といえます

こんな大チャンス到来のときに、躊躇って古い手法で副業に取り組んでいる人は損しています。

AIを利用しない手はないです。

しかも、これから先もっとAI色が濃くなって、考えつきもしなかったすごい機能が続々と出てくるでしょう。

そんな時代が遅かれ早かれやってくるのですから、今、しっかり学んでAIツールを使いこなせるぐらいでないとライバルたちに先を越されてしまいます。

ChatGPTのようなAIツールでは、記事生成だけなく、自分が売りたいコンテンツ商品もAIで作ってお金にすることができるのです。

また、AI画像生成でも今本当に稼げますし、先日発売されたTITANでも簡単に収入に結びつける技術が搭載されています。

ですので、一緒に楽しくAIで稼いでいきましょう!

ChatGPTよりも絶対オススメのコンテンツ作成ツール ラビットファイナル (スーパー特典付き)

AI画像生成で稼ぐ方法 レビュー(特典付き)

TITAN レビュー 特典付き


 

Twitterでフォローしよう

こちらもどうぞ!