検証済みレビュー【本物の副業コンテンツ】
自動翻訳でアドセンスブログを海外用に量産すると稼げるのか
お知らせ
6月18日 オロチテクノロジーエディション特典の大幅アップデート
6月6日 RTS追加特典配布!  

Googleアドセンスで世界一稼ぐサイトがあります。

 

Wiki HowというアメリカのWEBサイト

月間、いくら稼いでいると思いますか?な、なんと…
日本円に換算すると2億円だそうです!

1日のPVが4000万ということですし、もう半端ない報酬額ですよね。

 

Wiki Howのサイトはいわゆる「How to系」でユーザーが検索したときに解決策をドンピシャで表示してくれるウィキ型オンラインコミュニティなのです。

グーグルは役立つサイトは高く評価してくれますし特にアドセンスとhow to系はとても相性がいいですよ~

Wiki Howは16ヶ国語で運営されているので1日に莫大なPVを稼ぐのも納得できますよね。

 

そこで、ちょっと考えてみました。

日本語サイトを各国の言語に翻訳すればアドセンスで10倍以上稼げるんじゃじゃない?

しかも、英語圏のほうが人口も圧倒的に多いし稼ぎやすいんじゃない?

という単純な発想です^^;

海外をターゲットとしてグーグル翻訳を使えばアドセンスで稼げるのか

海外用のアドセンスブログとなるとまずクリアしたいのは翻訳の問題です。

オンライン翻訳はいろいろありますが私が実際つかってみて性能がよいと思うのはグーグル翻訳です。

自分の特化型ブログ、もしくは他人のブログをリライトしたものを翻訳するのです。

 

それで、実際試しに私の物販サイトを翻訳してみました。

全体的には良いのですが、単語の意味の取り方がおかしいところはやっぱりあります。

また、ざっと英語を読んでみて細かいニュアンスが微妙に伝わってない、ということも気づきました。

外国語に直したときに、日本独自の言い方だったり意味が通じないとなるとスパム扱いされてしまうこともあります。

自動翻訳だけに頼ってブログを量産するのはリスクがあるので、自分の目で全体の意味を確認し言葉の修正することがやっぱり大切だとわかりました。

そのためには翻訳する外国語を多少理解していないといけないってことです。

また、キーワード選定のほうもキーワードプランナーを使って調査することが必要です。

英語圏でどんなワードで検索されているのか地域によって需要のあるキーワードは違いますからね。

そして、当然ながらキーワードに合わせた記事を提供することが稼ぐポイントとなります。

単純に多言語に自動翻訳してブログを量産すれば稼げるという考えは甘いということがわかりました。

稼ぐ海外サイトのネタから稼ぐ

日本語を多言語化して稼ぐのは難題が多いですが、その逆ならだれでもできそうです。

例えばこちらの英語記事⇒日本語への翻訳です。

日本語にするとけっこう意味が通じていますね。

ネタをこのように輸入するほうがやり易いんではないかな?

あとは、キーワード選びをしっかりすれば労力がほとんどなしでアドセンスで稼ぐことができます。

サテライト記事作りとしても使える手法なのでぜひ試してみてください。

 

また、海外の稼ぐサイトが扱っているテーマのほうも参考になります。

こちらのサイトは月1000万ぐらいの報酬でお菓子や雑貨のレシピを載せて稼いでいるようです。

https://www.ehow.com/

海外の人、手作りのお菓子作りとか好きですからね。

日本でも今ネットで手作り小物や雑貨を売る人いますしクックパッドなどレシピサイトも大きくなっているので需要があるジャンルです。

アドセンスでも稼ぎやすいのではないかと思います。

今回は結構具体的なノウハウについてお伝えしました。
アフィリエイトの成功は行動したもの勝ちですよ!

質問

Twitterでフォローしよう

こちらもどうぞ!